Zelkova.Kの気まぐれJewelry日記

zelkovak.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『VOGUE NIPPON 編集長:斎藤和弘さんに聞くラグジュアリーブランドビジネスの裏!』


トレンダーズという会社の女性起業塾の講座を受講したことがあります。

そこではブログの影響力(営業力ともいえるかも?)についても
いろいろと教えてもらいましたが

今日は
わたくしがJewelryに関するブログを記していることがきっかけとなり
幸運にもこんな興味深い講演を聴けるチャンスを頂きました。
                ↓↓↓
『VOGUE NIPPN 編集長:斎藤和弘さんに聞くラグジュアリービジネスの裏!』ファイナンシャル・タイムズ紙【FT】主催)

f0085225_611013.jpg


平成不況といわれている中でここ数年どんどんラグジュアリーブランドが日本に進出し
銀座を初めとする街をにぎわしていますよね。
不思議だと思ったことはありませんか?

バブル経済がはじけた後の10~15年
わたくしの年代はちょうどそのあおりを受け
雇用体系、採用試験など苦しい時代を生き抜いてきました。

生き抜いてきたはず・・・なのですけど・・・高級ブランド品に関しては・・・
それでもなぜか購入したり持っていたりするんですね~。
わたくしも例外ではなく所持しております~。

ジュエリーブランドによる、バッグ・時計・洋服。
はたまた
バッグブランドによる、洋服・時計・そしてジュエリー。

後者の方ではジュエリーとして???と思う素材と作りだったり、
そして???という価格のものも見受けられます。

わたくしが変に凝視するからかもしれませんが
実際に時々あるのは事実だと思います。

みなさんも実際に
『何でこの素材でこの値段?』
『これ本当に売れてるの?』
そう思ったことはありませんか?

そんなラグジュアリーブランド品がトータルで揃ういわゆるブランドビルが
建ち続けるその理由と今後の動向とは!?
かなり気になりますよね。

f0085225_655748.jpg

f0085225_6708.jpg





ブルガリ銀座ビルで開催された本日の講演会中
VOGUE NIPPON 編集長:斎藤和弘さんのお話の中で印象的だったのは

『銀座』に店舗を持つということは雑誌に例えると表紙のすぐあとのページと同じである
というお話です。

つまり
銀座とは日本のマーケットの中心。そしてアジアのマーケットの中心。
銀座に店舗をもち肩を並べるということは
ラグジュアリーブランドの一員であるというポジショニングを意味するんですね~。

一番みんなが先に開きぱっと目に付くページ。
一番広告料の高いページに
一流の位置にポジショニングするということですね。

利益がなくともその費用対効果は非常に大きいということでしょうか。

そして
それがなぜ上海ではなく東京なのか?というお話も。

日本人は中国人に比べて

消費者・・・クオリティーに対して知識や考えがしっかりとしている。
スタッフ・・・サービスホスピタリティー教育が進んでいてさまざまに対応できる。

このような理由からまだまだ中国よりも
ラグジュアリーブランドのマーケットは東京が中心なのだそうです。

現在
銀座をはじめ日本のさまざまな地域では
中国人のお客様が軒並みバスで現れショッピングしている姿を見かけますが
30年前の日本人を見ているようだといわれますよね?
ショッピングの内容も当時の日本人とよく似ているようで、
中国では『ロゴ』デザインがとても人気なのだそうですよ。


現在の日本で注目されるべきは
Around25と呼ばれる世代(25歳前後)ですよね。
生まれたときから周りにはブランド品がある。
お母さんが持っている。お姉ちゃんも当然持っている。
そんな世代でしょうか。

でも彼らの中でいいなって思うのは
ブランドの知識はあるけど
自分に合った物を選んで持つというスタイル。
あるものはブランドだけれどあるものはノーブランド。
自分に合っていればこだわらないMix and Muchなスタイル。
これは今後ラグジュアリーブランドの中で
アプローチという点での課題になるのではないでしょうか。

そしてこれは
本当にいい物を見極める目と価格に対するバランス感覚を育てるのではないかと
わたくしなりに感じています。

f0085225_634558.jpg
今回の講演会を主催のファイナンシャル・タイムズとは
国際的視野をもつビジネスマン層に対して、
幅広い経済情報とサービスを提供する
世界一流といわれるビジネス紙です。




2005年からは毎年世界各国でラグジュアリーサミットというのを開催しており
(2005:上海 2006:ラスベガス 2007:ベニス)

2008年、今年は『FT Business of Luxury Summit 08』(2008/5/28~30)として
東京で開催するそうです。

f0085225_624221.jpg


プログラムを覗いてみると・・・








☆ある5ヵ年計画☆
【・・・日本で最高級品として認められ市場に多く出回っていたにもかかわらず完全にその価値を下げることになってしまったブランド最高経営責任者(CEO)は、いかに5年間で会社の再建を図ったのか。】

☆分析☆
【以下の3カ国の高級ブランド市場を詳細に分析:中国・韓国・インド】


こんなケーススタディや分析についてなどが載っており
こちらの講演もかなり興味が沸きますね~。

パネリストは
Tiffany & Co.やValentinoのCEO、LVMH Group Managing Directorをはじめ
森ビルの森稔社長、伊勢丹の武藤信一社長など
大変重厚なメンバー
VOGUE NIPPON 編集長:斎藤和弘さんのお話がまた聴けるのも
大変楽しみというわけです。

f0085225_683482.jpg

何に対しても
今後の動向を予測し動くということは
大切であり、そして楽しいことですね。

ご興味のある方はコチラをどうぞご覧下さいね。
FT Business of Luxury Summit 08 


Zelkova.K Keyaki Kawasaki
【Zelkova.K HP】 はコチラ →  http://www.zelkova-k.com
by zelkova-k | 2008-05-09 23:52 | お知らせ